とりあえずデータ発表

このトピックには69件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 年、 3 ヶ月前 shirosaru さんが最後の更新を行いました。

50件の投稿を表示中 - 1 - 50件目 (全70件中)
  • とりあえずデータ発表
  • #36807
    shirosaru
    参加者

    とりあえずここまで。

    0
    返信
    #36806
    shirosaru
    参加者

    ティア4+5の戦闘にティア4車輌で参戦したプレイヤーのグラフです。787名。
    与ダメ0~50、100~150の人数が多く図の中に収まっていません。各々191名、162名です。
    与ダメの平均値は217HP、中央値は133HPとなりました。
    0爆と1発爆散が多く、24%、20%となりました。与ダメも半数のプレイヤーはティア5主砲の1発分に届かず、(与ダメに限った話をすれば)いかに頼りないかが分かります。
    が、それも或る程度仕方のない事で、これらティア4プレイヤーの半数以上の戦闘経験は1000戦未満です。
    そのうえトップティア車輌はティア5ボトム戦の「ほぼ同数」に比べ、このティア4ボトム戦では「倍の数」がいます。
    苦戦必至。責める訳にはゆかないでしょう。

    0
    返信
    #36804
    shirosaru
    参加者

    そしてティア4車輌ボトム戦。

    0
    返信
    #36803
    shirosaru
    参加者

    ティア5+6の戦闘にティア6車輌で参戦したプレイヤーのグラフです。662名。
    与ダメの平均値は876HP、中央値は800HPとなりました。
    かなり広範囲に散らばっています。なかには2500HP以上を出す方もいます。
    その一方では0爆プレイヤーも53名(8%)いて、ピーク高さはトップ。なんで?

    0
    返信
    #36801
    shirosaru
    参加者

    おしまいにおまけとして
    ティア6車輌のトップ戦と、ティア4車輌のボトム戦のグラフも掲げておきましょう。
    先ずはティア6車輌トップ戦。

    0
    返信
    #36800
    shirosaru
    参加者

    いかがでしょうか。
    横軸目盛りは0以上50未満、50以上100未満・・・と取っているので、与ダメ655は『5』と書かれた所(500以上550未満)の右側2本目と3本目の境界上辺りになります。
    同格戦では、与ダメが自車輌HPの655の所では勝率も50%辺りに読み取れます。
    トップ戦では55~60%程になりそうに見えます。これはティア4車輛が混じるため、車輌の平均HPが下がるためでしょうか。
    ところがボトム戦でも60%程になるように見えます。これは上記理由に依れば奇妙な現象です。
    同格・ボトム戦はこの辺りのデータ数が少ないので、勝率の値が不安定なのかもしれません。
    本当は取得した与ダメとその時の勝率の関係を、ティア×200辺りまで見たかったのですが、やってみるとデータが足りませんでした。
    292戦は少なくはないと思っていたのですが残念です。1000戦位必要でしょうか。
    しかたない、それはまたの機会という事で。

    0
    返信
    #36799
    shirosaru
    参加者

    さて、ここまで同格戦・トップ戦・ボトム戦の与ダメ分布をみてきましたが、全く説明をしていない部分があります。
    そう、各分布グラフの下にあるもうひとつの図。
    とっくに想像はついていると思いますが、分布グラフの与ダメの位置と、その時の勝率を現したものです。
    下端が0%、上端が100%、黄色の帯部分が50%です。
    各々の位置に青色で勝率をプロットしました。
    データ数が20以下のところは参考として扱い、印だけつけてあります。

    0
    返信
    #36798
    shirosaru
    参加者

    ここでちょっと思い出してほしいのが、トップ戦とボトム戦での上下の車両数構成の違いです。
    ティア4+5戦では1対2程度でした。ティア5+6戦では半々程度でした。
    ですからティア4のボトム戦よりティア5のボトム戦のほうが構成状況はマシといえるかもしれません。
    ただ、てぃあ4~5間の車輌性能差とティア5~6間の車輌性能差によっても難易度は変わってくるでしょうから本当にマシかは分かりません。

    0
    返信
    #36797
    shirosaru
    参加者

    ティア5車輌で参戦したプレイヤーの与ダメとその人数の分布です。合計596名。
    与ダメの平均値は439HP、中央値は396HPとなりました。
    与ダメが自車輌HP未満に終わったプレイヤーは455人、自車輌HP以上を稼げたプレイヤーは141人でした。
    参加者の25%程となります。
    トップ戦では45%程、同格戦では35%程でしたから、ボトム戦では自車輌HPを稼ぐのもなかなか大変な目標といえるでしょう。
    最も高いピークも0爆及び僅少与ダメ位置となっており、その人数も80人と参加者の13%程に達しています。

    0
    返信
    #36795
    shirosaru
    参加者

    最後にボトム戦。

    0
    返信
    #36794
    shirosaru
    参加者

    また、お気付きでしょうが分布グラフに規則的なピークが現れています。だいたい2本おきに。
    これは与ダメが主砲の威力の倍数を基本とするからです。
    ティア5では米、英、独、日、仏で160の威力を持った砲が広く使われています。ですから与ダメ160、320、480・・・を含むところに多くの結果が集まるのでしょう。

    0
    返信
    #36793
    shirosaru
    参加者

    ところで、なぜ同格戦に比べて与ダメが稼げるのでしょう?
    これは、ティア4車輛という自分より劣る性能の戦車を相手にするから、と考えます(皆さんそう考えますよねぇ)。
    当然味方にもティア4車輌はいますから、同格戦に比べてそれら車輛からのサポートは頼りなくなる訳ですが、それよりも「相手が弱い」効果の方が上回るという事でしょう。
    けれど、残念な事に0爆(とそれに類する僅少与ダメ)プレイヤーがやっぱりいます。95人で全体の約6パーセント。
    これは同格戦に比べれば少ないですが、ピークとしては一番高い山になっています。
    ティア4車輛でボトム戦を戦う事がありますが、その時にこのプレイヤーがいるととてもがっかりします。
    もうちょっと何とかならないものでしょうか(と書いて、まさか自分はやってないだろうなと不安になり慌ててチェック。結果、0爆及び僅少与ダメは同格・トップ・ボトム通じて11/292戦で約3.5%。よかったぁ・・・なんて言ってていいのか?)。

    0
    返信
    #36792
    shirosaru
    参加者

    ティア5車輌で参戦したプレイヤーの与ダメとその人数の分布です。合計1509名。
    与ダメの平均値は639HP、中央値は591HPとなりました。
    同格戦に比べれば平均値は高く、自車輌HPの98%とほぼ同量を稼いでいることにはなります。
    但し中央値の591は自車輌HPの9割ほどですから、半数以上のプレイヤーは自車輌HPを稼げていません。
    自車輌HPを稼げていないプレイヤーは856人でした。
    残りの653人のプレイヤーが自車輌HP以上の与ダメを稼ぎ、全プレイヤーの与ダメ平均を自車輌HP程度に引き上げています。

    0
    返信
    #36790
    shirosaru
    参加者

    つぎはトップ戦。

    0
    返信
    #36789
    shirosaru
    参加者

    与ダメの平均値は558HP、中央値は500HPとなりました。
    これらの戦闘は殲滅戦だったため、勝利チームの与ダメ合計が相手チームのHP合計となります。これを利用して参加車輌(ティア5)の平均HPを求めたところ、655程になりました。
    与ダメ平均値は参加車輛HPのおよそ85%となります。
    ここで「なんだ、自車輌HP取れてないのか、駄目じゃん」とは言わないでください。これは勝ちチーム負けチームを平均しているからで、自車輌HPに届いていなくて当然です。
    ちなみに、勝ちチームは自車輌HP分の与ダメを稼いでいる筈ですから、負けチームは自車輌の7割程度の与ダメしか取れなかったことになります。
    撃破車両数に当て嵌めてみると7対5となります。
    多いのか少ないのか、いかがでしょうか?
    また、0爆(とそれに類する僅少与ダメ)プレイヤーが結構います。42人で全体の約8パーセント。
    これは12人に一人の割合なので、両チーム通じていつも一人くらいいてもおかしくない事になります。
    ま、ティア5の話ですが。
    自車輌HP未満の与ダメに終わったプレイヤーは326名でした。192名が自車輌HP以上の与ダメを出したことになります。
    また、自車輌HPの2倍以上の与ダメを与えたプレイヤーも3%ほどいらっしゃいます。でも、それでも勝てない場合もありまして・・・がっかりしますよね。

    0
    返信
    #36788
    shirosaru
    参加者

    ティア5車輌で参戦したプレイヤーの与ダメとその人数の分布です。合計518名。
    グラフ横軸は与ダメを50HP刻みで取っています(左端は0~50ダメージ)。縦軸は人数で20人毎に線を入れました。
    緑は勝利を得たプレイヤー、橙は敗北したプレイヤーです。

    0
    返信
    #36786
    shirosaru
    参加者

    はじめに同格戦から見てゆきましょう。

    0
    返信
    #36785
    shirosaru
    参加者

    トップ戦は合計164戦、同格戦は合計37戦、ボトム戦は91戦となりました。
    トップ戦、ボトム戦の戦闘数はほぼ同じとはならず、だいぶ違いがあるのがわかります。
    またトップ戦とボトム戦では、なぜか上下の車両数構成が全く違います。
    トップ戦ではティア4車輌合計786両、ティア5車輌合計1510両、となりました。
    大体800対1500と、1対2に近くなっています。
    ボトム戦ではティア5車輌合計602両、ティア6車輌合計672両、となりました。
    大体600対650と、半々程となっています。
    この違いをちょっと気に留めておいてください。

    0
    返信
    #36784
    shirosaru
    参加者

    縦軸は戦闘回数、横軸はその時の車輌構成です。グラフの下にティア毎の車両数を書いてあります。(さらにその下に戦闘回数を書いておきました)。
    トップ戦部分は青、同格戦は緑、ボトム戦は橙です。
    左に行くほど低ティア車輌(4)が多くなり、右に行くほど高ティア車輌(6)が多くなります。

    0
    返信
    #36782
    shirosaru
    参加者

    個別の場合を見る前に、まずは同格戦・トップ戦・ボトム戦の割合を見ておきましょう。

    0
    返信
    #36781
    shirosaru
    参加者

    *** プレイヤーの与ダメ分布 ***
    先にティア5戦に参加したプレイヤーの勝利(全体勝率)の分布を見てみました。
    ではそれらプレイヤー、ゲーム中ではどれ位の与ダメを稼いでいたのでしょう?
    そこで与ダメとプレイヤー人数の分布を調べてみました。
    集計をしたのは先と同じデータです。
    使用車輛はティア5。バージョン6.5の292戦について集計しました。
    戦闘は同格戦・トップ戦・ボトム戦がありますが、同じ与ダメ値でもどの状態だったかによって、その値を取れる難易度がかなり違ってくるように感じられました。
    そこで上記3種の場合毎に集計をしてみました。

    0
    返信
    #36738
    白猿

    大ボケをやらかしました。
    この『勝利-人数分布』はバージョン6.5で集計したものでした。
    訂正します。ごめんなさい。

    0
    返信
    #36737
    shirosaru
    参加者

    改めて数字を並べてみます。

    プレイヤーの勝率平均
    ティア4 47.69% (48.33%) 65%
    ティア5 48.37% (48.56%) 24%
    ティア6 49.36% (49.44%) 11%

    始めはプレイヤー全体の勝率、括弧内は1000戦以上プレイヤーの勝率です。最後に初心者の割合を書いておきました。
    初心者割合の多い方が全体と1000戦以上プレイヤーの勝率差が大きいので、初心者が勝率を下げているとは言えるでしょう。
    けれども1000戦以上プレイヤーに限ってみてもティア4と6で1%の差があるので、勝率を下げる理由がすべて初心者にある訳ではないでしょう。
    ところで、この1000戦以上プレイヤーの平均勝率差、ティアが2差あっても1%程度です。これを当てはめると遊んでいるかたが多いと思われるティア7や8も、ざっと半分弱のプレイヤーは全体勝率が50%に届いていないと見込まれます(1000戦未満の初心者を含まない状態で)。

    本当の所はデータを取ってみないと判りませんが、私の成績では取りにに行く訳にはいかない・・・。
    どなたかやってみませんか?

    とりあえずここまで。

    0
    返信
    #36736
    shirosaru
    参加者

    条件はティア5と同じです。
    ティア4車輌使用者の人数は394名。そのうち戦闘数1000戦以上のプレイヤーは138名でした。
    因みに戦闘数3桁は180名、戦闘数2桁は76名となっています。
    ティア4車輌使用者は半数以上が初心者と見てよいと思います。
    勝率の平均値は全体で47.69%、戦闘数1000戦以上のプレイヤーでは48.33%となりました。中央値は全体では47%、戦闘数1000戦以上のプレイヤーでは48%の位置となりました。
    ティア6の人数は336名。そのうち戦闘数1000戦以上のプレイヤーは299名でした。
    勝率の平均値は全体で49.36%、戦闘数1000戦以上のプレイヤーでは49.44%となりました。中央値はどちらも49%の位置となりました。
    両グラフともデータ数が多くないのでそれなりのものですが、データが充分にあれば戦闘数1000戦以上のプレイヤーの分布はティア5とほぼ同じ形になりそうです。

    0
    返信
    #36734
    shirosaru
    参加者

    ティアが変われば分布は変わると書きましたが、実際はどんなものでしょう。
    せっかくなのでティア4車輌使用者、ティア6車輌使用者についても纏めてみました。

    0
    返信
    #36733
    shirosaru
    参加者

    さて、グラフの下側には色付きの棒を7本並べてあります。これは『チーム7人をこの分布から満遍なく選んだらどの辺りになるだろう?』を表してみたものです。
    0~43%、43~45%、45~47%、47~49%、49~51%、51~54%、54~100%。この辺りから各1名となりました。
    半分以上が白字プレイヤー(いつからか緑字は50%以上になったようです)となります。もしあなたが55%以上の勝率を持っているならチーム内で一番上手いプレイヤーの可能性大となります。
    ティア5にいらしたときはご活躍を是非お願いいたします。
    また、チームのうち1.5人程度は戦闘数1000戦未満のプレイヤーです。思い通りに動かなかったとしても初心者ですからおおらかに見てあげましょう。

    0
    返信
    #36732
    shirosaru
    参加者

    データは11月22日から12月17日迄、292戦分です。
    敵チームとして参戦したプレイヤーの中からティア5車輌使用者を纏めています。
    人数は1314名。そのうち戦闘数1000戦以上のプレイヤーは996名でした。
    グラフの横軸はプレイヤーの勝率(小数第一位を四捨五入しています)、縦軸は人数です。
    横軸は1%刻み、縦軸は20人毎に横線を入れてあります。
    緑色は戦闘数1000戦以上のプレイヤーを、薄緑は戦闘数1000戦未満のプレイヤーです。
    勝率の平均値は全体で48.37%、戦闘数1000戦以上のプレイヤーでは48.56%となりました。中央値はどちらとも48%の位置となりました。
    ティア5という事に注意してください。大抵の方はもう少し高いティアで遊んでいるようですね。ティアが変われば分布は多少変わると思われます。

    0
    返信
    #36730
    shirosaru
    参加者

    *** ティアⅤ参戦者の勝利-人数分布 ***

    バージョン5.5で私の取ったデータから纏めてみました。
    ティア5車輛で参戦したプレイヤーの全体勝率とその人数の分布です。

    0
    返信
    #36676
    白猿

    先の地図は北側、後のは南側です。
    繋がりの所は重複しています。

    0
    返信
    #36674
    shirosaru
    参加者

    もうひとつ

    1
    返信
    #36672
    shirosaru
    参加者

    *** 卓上アドベンチャーの世界 ***

    『卓上アドベンチャー』完了しましたかぁ?

    私は同じ道を戻る時に備えて、地図を描き々々進めました。せっかくなのでその結果を公開します。

    冒険を思い出すよすがにしてくださいませ。

    凡例:
    色付きは踏査地域。
    黄色は平地。
    緑は障害物。
    枠で囲われた緑は建物。
    枠で囲われた橙は飛行機。
    赤は箱の位置。
    青は世界の果て。

    注意:
    箱を4つ取ってしまってから描き始めたので箱は17個しか描かれていません。
    また冒険を開始した地点も判らなくなってしまいました(西寄りのどこかと思うけど)。

    1
    返信
    #36052
    白猿

    #36046様

    実はWGに『ケニ乙を性能調整すべきではないか』という意味合いのチケットを切っています。
    何度かやり取りをしたのですが

    『現時点では、こちらの戦車は全体的なゲームバランスから逸脱しておりません。各戦車にはそれぞれ長所と短所があり、各戦闘には特定の戦略が必要となります。』

    また、

    『現時点では、この車輛は同じ層の他の車両と比較してバランスが取れています。タンクの性能が一般的なラインより際立っているならば、その戦術的で技術的な特性は見直されます。』

    という言い回しの回答をもらいました。

    つまり

    ケニ乙はゲーム全体を壊すほどの力を発揮していない。(1)
    ケニ乙の性能は同じティア帯の車輌と比べて際立って強力なわけではない。(2)

    という判断と解釈しました(まあまあ、言いたいことはあるでしょうが押さえて押さえて)。

    『現時点では、このタンクはリバランスする必要はございません。』

    とも返してきたので、当面性能調整をすることは無いのでしょう。
    (2)のように言うのなら、私もコレクションの一台としてぜひ『ケニ乙』が欲しいですね、ティア5までの戦車は大体コレクションできましたから。きっとべらぼうに売れるでしょう。
    あと『チヌ改』も欲しいんだけどな。

    0
    返信
    #36050
    白猿

    #36045様
    ケニ乙の使い手は何れも万戦以上の手練れとはいえ、仰る通りケニ乙の特性を生かした使い方が出来か・・・がケニ乙勝率とケニ乙抜き勝率の差に現れてくるのでしょう。なかには『ちょっと貸してみな』と言いたくなる使い手もいましたし。
    今ケニ乙で参戦すればマップは『鉱山』『ディスペア砦』『蜃気楼』の三つしか当たりませんから、それぞれのマップでどう立ち回るのが良いかは研究しやすいと思います。
    私も相手にケニ乙がいた場合、所在が分かれば最重要目標として狙いました。中盤までに葬っておかなくては勝ち目はないと思っています。
    データを取った時はティア3車輛に乗っていたのでなかなか討ちに行けなかったのですが、その後の二つのイベントでPz.B2に乗っていた時は、所在が判明すれば自分の被撃破は当然と覚悟のうえ遮二無二突撃、あわよくば撃破する、を狙っていました。
    もう勝利そっち除けの行動でしたが、撃破まで行けなくても相手に大ダメージを与えて行動を消極的にしてもそれなりの効果はあったでしょうから、もうちょっと冷静になってもよかったのでしょう。
    一方で自軍にケニ乙がいた時は、先ずスポットをとってやろうとか、一緒に行動して敵が来たら盾になろう等とは全く考えず『ふん、ケニ乙か。勝手にやってくれ、私は知らん』という態度でしたからケニ乙使いにとっては理不尽な話でしょう。¥600払って正当に手に入れて使っているのに、ここまで恨まれるのだから不幸な事です。

    0
    返信
    #36046
    名無し戦車長

    運営がケニ乙をナーフしなかった際に「そもそも使っている人が少ない」コメントしてたのを覚えていますが、所有者が少ない上に、それで荒らしまくっている人の割合も(意外と)小さいので、迷惑レベルのブーストに使っている人は絶対数として無視出来るレベルということなのだろうな、と思いました。
    でも、コレクションに欲しいから、ナーフしてコレ車にして売ってくれ~。

    1
    返信
    #36045
    名無し戦車長

    ケニ乙は主砲の性能がチート並みに高すぎるだけで、装甲は紙ですからね
    当たったらまず貫通されて体力がゴリゴリ減るので、高い主砲性能を生かすならなるべく少ない被弾で敵車輌に攻撃して逃げるを繰り返すという立ち回りが必須です
    この辺はマップの知識を使った射線管理の徹底や各マップの有利ポジションの把握、隠蔽システムと茂みを使った15mルールを知っている必要があるため、このゲームに慣れてきた程度の腕ではこの立ち回りはかなり難しいです
    しかもケニ乙が強すぎるのは中級者以上に既に知られ渡っていることから、中級者以上のプレイヤーから蛇蝎のごとく恨まれており、ケニ乙を撃破出来る状況なら親の仇とばかりに全力で殺しに来ます
    その時の車輌編成や状況次第では相打ちしてでもケニ乙を本気で殺しにくるプレイヤーもいます
    そもそも強車輌から速やかに撃破するという立ち回りはWoT全般では必須の立ち回りです
    数試合に一回は強車輌が敵車輌の集中砲火を食らって瞬殺か、味方車輌が次々撃破されて強車輌一輌vs敵車輌2輌以上に囲まれてボコボコにされて負ける場面が出てくるので、それをいかに避けられる立ち回りが出来ているのかが勝率に現れているのでしょう

    1
    返信
    #36044
    名無し戦車長

    バージョン5.6から、PC版やAndroid版WoTBのゲームデータの、特定のフォルダにMODというデータファイルを他所からダウンロードして入れることで、ゲームのインターフェイスを変えたり自車輌の明細を好き勝手変えられたり出来る行為が全面的に禁止されたからでしょうね
    ちなみにiPhoneやiPadはゲームデータのあるファイルの中身を見ることが出来る手段すらないのでMODの導入ができません
    また、ゲームバランスを著しく損なうMODの使用はもちろん禁止であり、詳細は分かりませんが軽くても一時垢停止されるでしょうし、悪質なら垢BANされます
    最近のバージョンでは黙認という形で解禁されたみたいですけどね

    0
    返信
    #36038
    shirosaru
    参加者

    だいぶ失礼な分析をしてしまいました。とりあえずここまで。

    0
    返信
    #36037
    shirosaru
    参加者

    また、ケニ乙勝率の上下は使用比率の上下とは余り関係があるように見えません。
    ケニ乙勝率とそれ以外の車輛の勝率との差も、使用比率とは関係が薄いように見えます。
    簡単に言えば、ケニ乙ブーストを目論んだプレイヤーは上手い下手あまり関係が無いといえるのでしょう。

    さらに、少ないですがケニ乙勝率が6割に届いていないプレイヤーがいます。乙抜き勝率は高くても5割そこそこ。大体今の私と一緒です。つまり、ケニ乙に乗るだけで6割以上の勝率を取れる訳ではない、という事になりますね。

    0
    返信
    #36036
    shirosaru
    参加者

    さて、ブーストと目される使い手をみてみましたが、その他のケニ乙使いはどうなのでしょう。

    この中で恐ろしいのが使い手J、О。乙抜きで勝率が6割を超え、そのうえでケニ乙勝率がさらに2割近く高いというバケモノです。このような使い手にケニ乙を多用されたらたまったものではありません。
    また使い手P、Uも乙抜き勝率は中堅という印象ですが、乙勝率はそれより2割位高く、ケニ乙の優秀な使い手と言えそうです。ただ幸いな事に、こちらも多用する気は無いようです。もし多用すれば使い手BやDのようになるのでしょう。

    一方でケニ乙勝率と乙抜き勝率の差があまり大きくないプレイヤーもいます。
    不思議な事に乙抜き勝率の高低とは関係が見られないように思えます。何かケニ乙を使っても埋められない事がプレイ上であるのでしょうか。

    0
    返信
    #36035
    shirosaru
    参加者

    ちょっと厳し目に見ると、ブーストケニ乙使いは5名と全体の2割程にしかなりません。これは当初の予想(思い込み?)から見ると意外なほど少ない、と思いました。

    ブーストと見られる方も総じて皆さんケニ乙抜きでも勝率が高く、「ブーストする必要なんて無いじゃん」と白猿には思えるのですが・・・。

    0
    返信
    #36034
    shirosaru
    参加者

    F。8戦に1回程度の使用。使用頻度が少なく余り印象が変わりません。中堅プレイヤーという印象です。現在の勝率で6割を超そうと思ったら、あと11258回ケニ乙を使わなくてはならない計算になります。その時の全戦闘数は32955戦。ケニ乙使用回数は13948回で使用比率は42%位になります。大変そう。

    G。9戦に1回程度の使用。使用頻度も少なく、またケニ乙勝率と乙抜き勝率の差が少ない事もあってブーストは1%未満です。

    FとGはケニ乙戦闘数が1日あたり2戦ですから、ブーストを狙っているのか、或いは楽しんで使っていた結果なのか微妙なところと思えます。

    0
    返信
    #36033
    shirosaru
    参加者

    CとE。3~4戦に1回と7戦に1回程の使用です。この2名には度々お会いしています。ただブーストは1.5%に満たず、失礼ながら余り成功していないのではないかと・・・。
    大体ブースト無しでも65%近い羨ましい勝率があるのですから、ブーストなど狙わず、ケニ乙を楽しく使えば良いように思うのですが・・・。

    0
    返信
    #36032
    shirosaru
    参加者

    そしてBとD。Bのケニ乙使用は3戦に1回以上、Dは5戦に1回程度になります。ブーストはざっと4.5%と3%。ブーストによって全体勝率が緑字から青字に変わりますから、プレイヤー自身の印象が変わるでしょう。是非はともかく、成功しているのではないでしょうか。

    0
    返信
    #36031
    shirosaru
    参加者

    まずA。ケニ乙使用比率が半分、それによる勝率上昇が8.5%と明らかなブーストです。
    ただこのプレイヤーに私は1度しか遭いませんでした。時間帯にも依るのでしょうが、最近は使用回数が減っているのでしょう。ゲーム自体に参加していないのか、ケニ乙使用頻度が減ったのかは分かりません。

    0
    返信
    #36030
    shirosaru
    参加者

    つぎに着目したいのがケニ乙の使用比率。とりあえず2500戦以上(1日2戦以上)で使用比率が1割以上を見てみました。ここに該当するのがA~Gの7名。全体の1/4程度になります。但しこの7名、それぞれ個性があって一括りには出来ないところがあります。

    0
    返信
    #36029
    shirosaru
    参加者

    まずは戦闘数。ケニ乙使いの全戦闘数はざっと10000~60000余り。経験豊富な者ばかりと言えるでしょう。
    ケニ乙の戦闘数は100~20000以上とだいぶ差があります。どれ位使っていれば「ブースト」と言えるのでしょうか。
    ある車輌を1000戦以上使うのは、一般的には「多め」と思えます。ケニ乙使いの半数がこのラインを超えます。
    けれどもケニ乙の販売されたのは2015年11月13日。ざっと3年半前。日数ではおよそ1250日前となります。
    ここから1日1戦使ったとしても1000戦を超えることになります。「さあ、今日の締めにケニ乙使って勝利して気分よく終えるかぁ」ではブーストとは言い難いでしょう。
    また、どれくらいブーストされたのか、を見ても、この程度の戦闘数ではその値は僅かです。

    0
    返信
    #36028
    shirosaru
    参加者

    何か「これだ」と言い難い表になりました。
    だからといって何もせず眺めていても仕方ないので、私の思ったことを書いてみます。
    どう読むかは人それぞれで違ってくるようにも思えますから、軽く聞いてくださいませ。

    0
    返信
    #36026
    shirosaru
    参加者

    前記したようにケニ乙使いはのべ57名でしたが、複数回出会った使い手を整理すると27名となります。この使い手についてバージョンが6.0になった頃に、まとめてプレイヤーデータを調べました。
    その時に行方不明になってしまった使い手が1名いたので、データが取れたのは26名となりました。
    そのデータ表を掲げます。
    取得したデータは「全戦闘数」「全体勝率」「ケニ乙戦闘数」「ケニ乙勝利数」で、他はこれら数値から算出しています。
    表はケニ乙使用頻度の高い順にソートしてあります。

    0
    返信
    #36025
    shirosaru
    参加者

    ケニ乙の使われ方について

    同一のケニ乙使いと度々出会う事から予想した事がケニ乙ブースト。これも調べてみようと考えました。気が付いたのは5.8からなのですがプレイヤー名を控えておらず、データが揃えられたのは5.9からとなりました。

    0
    返信
    #36024
    shirosaru
    参加者

    まずケニ乙チームの勝率。

    出会ったケニ乙使いはのべ57名。そして彼等のいたチームの勝敗結果は39勝17敗1分け。
    勝率68.42%となりました。
    全57戦のようですが、不運にも双方にケニ乙が1両ずついた試合が2回あり、星の潰し合いをしています。
    けれどもケニ乙に乗るだけで6割以上の勝率を取れるとは全く羨ましい限りです(ちょっと待て、それは違うぞ)。

    0
    返信
50件の投稿を表示中 - 1 - 50件目 (全70件中)
返信先: とりあえずデータ発表
あなたの情報:



3 + 6 =


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">